もっと知りたい北海道 > 続・浦河百話 愛しき、この大地よ

続・浦河百話 愛しき、この大地よ
続・浦河百話 愛しき、この大地よ 小野寺 信子/河村 和美/高田 則雄 編著

判型:四六判 上製本
頁数:576
ISBN:978‐4‐87739‐237-6
発刊日:2013-05-25

商品番号:0011-000239
定価: 2,592 円 (消費税込)


100の物語が写すあの日の浦河
太平洋戦争終了後から40年間の時の移ろいは一人ひとりの町民にとって躍動感に満ち溢れた歴史でもあった―。
約20年の時を経て待望の続篇刊行
もくじ
第一編 残したかった戦前のいくつかの挿話―昭和20年以前
第二編 貧しさと戦後処理から始まった再出発―昭和20年代前半
第三編 災害に色どられながら、戦後復興の終盤へ―昭和20年代後半
第四編 生活をとりもどし、楽しみはじめた時代の始まり―昭和30年代前半
第五編 好況から活況へ 人々は輝いていた―昭和30年代後半から40年代
第六編 百花繚乱から停滞への移行―昭和50年代から終章へ


※下に[Amazon.co.jpのサイトで購入]が表示される書籍は、オンライン書店のアマゾンからも購入できます。送料、価格等お得な場合があります。ご利用される方はクリックし、直接アマゾンのサイトからご購入ください。

[<   写真集 どさんこの夢 あの子たちがいた七月 一九四五年北海道空襲 屋根裏の主役たち 続・浦河百話 愛しき、この大地よ 少し昔、北国の小さな村の昭和暮らし 網走稲富物語 検証 層雲峡は、いま 観光活性化事業「プラン65」から10年 知床半島の湖沼 チームしこたんが探検した秘境の世界   >]
書籍購入のご案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyrights(C) KYODO BUNKASHA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
株式会社共同文化社
〒060-0033 北海道札幌市中央区北3条東5丁目
TEL 011-251-8078 FAX 011-232-8228