ノンジャンル > 所得分布の要因分解法

所得分布の要因分解法
所得分布の要因分解法 木村 和範 著
判型:A5判 上製本
頁数:192
ISBN:978−4−87739−329−8
発刊日:2019−9−24
定価:3.132円(消費税8%込)



格差の拡大は、人口構成の高齢化(人口動態効果)による「見かけ上」の現象と言われることがある。
本書は、人口動態効果の源泉(実体的基礎)を解明するとともに、所得分布に関する様々な統計量(とその2時点間変化)の要因分解式を誘導して、統計的所得分析の地平を拓く。


はしがき
第1 章平均対数偏差
第2 章平均対数偏差の要因分解
第3 章平均対数偏差にかんする要因別計算式の比較
第4 章平均対数偏差にかんする要因分解式の比較/補論 相関係数の数学的性質
第5 章要因分解の一般式
例解1〜5
あとがき

[<   自分らしく生き、そして逝く 妻恋 −愛の人から、人生の同志へ どうして みんな 死にたいの? 所得分布の要因分解法 ウズベキスタン陶芸紀行−よみがえるシルクロードの窯元− 土木技術を未来へはしわたしする12のことば  旅人類VOL.05   >]
書籍購入のご案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyrights(C) KYODO BUNKASHA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
株式会社共同文化社
〒060-0033 北海道札幌市中央区北3条東5丁目
TEL 011-251-8078 FAX 011-232-8228