もっと知りたい北海道 > 親父の背中―ハーレー乗りのそば屋の親父が“心”で語るメッセージ

親父の背中―ハーレー乗りのそば屋の親父が“心”で語るメッセージ
親父の背中―ハーレー乗りのそば屋の親父が“心”で語るメッセージ 松井 あつとし 著
判型:1910×148弌 並製本
頁数:224
ISBN:978‐4‐87739‐313‐7
発刊日:2018-5-24
定価:1,620円(消費税8%込)


●このそば屋の親父はただものではないんです! 背中で語る男の生きざま!!
  
警察官、トラック運転手を経てそば屋「松盛庵」を開業。土木会社も経営しながら、地域との絆を大事に考えて活動を続けてきた。平成16年に安全安心なまちづくりのため、住民有志のボランティアで札幌屯田防犯パトロール隊(とんぼ隊)設立。趣味のハーレー乗りを活かして平成19年北海道ハーレー警ら隊を設立し、北海道サミットにも貢献。順風満帆とはいかなかった「松盛庵」も地域に愛され30年。
その時々の伝えたい思いを含蓄のある言葉で書にも書き留めてきた。それらの作品もふんだんに盛り込んだ愛蔵版。



目次
はじめに


第一章 背中を追って歩んだ道のり

父子家庭/ままちゃんとの縁/PTA活動で学んだこと/停学処分から学んだこと/幼少時代/そば屋へのきっかけ/
夢の移り変わり/いじめ/占い/親父との忘れられない思い出/ 学生時代の親父との付き合い/
親父に対するバカな考え/組合活動/修業先での出来事/修業時代の職場環境で成長/松盛庵開店/
親父との別れ/一生を通じてのテーマ

第二章 恩返し 絆づくりで安全安心

今日死ぬかもしれない/とんぼ隊発隊/とんぼ隊の活動/ハーレー乗り夫婦のはじまり/
北海道ハーレー警ら隊発隊のきっかけと活動内容/北海道“絆"menづくりプロジェクトの立ち上げ/
設立の趣旨と活動内容/千葉の同僚たちへの謝罪

第三章 “円"より“縁"~本当の幸せとは~

苦境/銀行とのトラブル/捨てる神あれば拾う神あり 救いの手/料理は心/除雪業務から思うこと/
北海道の相田みつを/幸せな人生を歩む考え方/子どもたちの嬉しい成長/
家族の絆づくり 神様のいたずらからの神対応

あとがき
せなかとせなか ~背中と世の中~ 歌手 桜庭 和



【著者プロフィール】
昭和38年3月29日、札幌生まれ。
尚志学園北海道工業高等学校卒業。
警察官、トラック運転手を経て、22歳で故郷札幌に戻りそばの道へ。
平成元年5月24日、そば処松盛庵開店。平成2年2月、(有)松盛庵設立。平成5年12月、除雪事業開始。平成10年8月、(有)松盛庵を(有)松井商事に社名変更、飲食事業部、除雪事業部、運送事業部の3部体制とする。平成13年7月、飲食事業部を独立、(有)松盛庵設立。
現・(有)松井商事 代表取締役、(有)松盛庵 取締役会長。
さらに平成16年札幌屯田防犯パトロール隊(とんぼ隊)設立、平成19年北海道ハーレー警ら隊設立、平成25年北海道“絆”menづくりプロジェクト設立。民間人が自ら地域の安全と絆を守る活動を主宰し尽力。
これまでの人生の教訓や活動に込めた思いを、「絆 心で生きる『書』」で表現している。



著者Facebook https://www.facebook.com/atsutosi.matsui


 



[<   なぜ北海道に県がないのか 地域が輝く北海道の3県制 親父の背中―ハーレー乗りのそば屋の親父が“心”で語るメッセージ 旅人類VOL.04 ほっかいどう山楽紀行 写真集 どさんこの夢 あの子たちがいた七月 一九四五年北海道空襲 屋根裏の主役たち   >]
書籍購入のご案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyrights(C) KYODO BUNKASHA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
株式会社共同文化社
〒060-0033 北海道札幌市中央区北3条東5丁目
TEL 011-251-8078 FAX 011-232-8228