北のいきもの・自然 > 蒼鷺―アオサギ

蒼鷺―アオサギ
蒼鷺―アオサギ 内海 千樫 著
判型:A4横長判  並製本
頁数:80
ISBN:978‐4‐87739‐299‐4
発刊日:2017-06-20
定価:2,700円(消費税8%込)


☆注目の写真集 よいよ発売開始!

●優美な姿、その知られざる生態、追い続けた20年が今1冊に!
蒼鷺は天然記念物でも絶滅危惧種でもないためあまり注目されることはない。しかも蒼鷺はとても警戒心が強く、ちょっとでも人の気配がするとすぐ飛び立ってしまう。その
蒼鷺の美しさに魅入られた著者が、20年以上の歳月を撮り続けた集大成となる写真集。その写し取られた生態は、極上のドキュメンタリーともいえる。春先に飛来し、営巣、子育て、巣立ちを迎え、また飛び立っていく四季の姿を追う。

【もくじ】
アオサギ(はじめに)
飛来
営巣
子育て
巣立ち
アオサギのいる風景

<コラム>
アオサギと私
天空のスイートルーム
名寄のコロニー
雛の運命
アルビノ個体
巣立ち



【著者プロフィール】
1943年 旧満州大連生まれ
東京都立農芸高校 畜産課程卒業
同校実習助手
帯広畜産大学 酪農学科卒業

1973年 毎日グラフ「日本の野生」連載
1974年〜1978年 平凡社「アニマ」、学研の図鑑等に写真を掲載
1978年〜2010年 幌加内町にて養豚を経営
1999年〜2016年 旭川、東川町、新宿、札幌、幌加内町で写真展を開催
2015年 自宅敷地内に造ったビオトープが「日本ビオトープ協会第7回 ビオトープ顕彰」審査委員長賞を受賞 2016年〜 北海道新聞社 ネイチャーマガジン「モーリー」に「アオサギの悲 哀」連載 日本ビオトープ協会会員




[<   エゾナキウサギ―Pikas in the Rocks 蒼鷺―アオサギ 虫と人と環境と 第2集 ゴン太の青空 北海道の野鳥写真 ヒグマ、そこが知りたい 理解と予防のための10章 オホーツク氷岬紀行 流氷の海と58の灯台   >]
書籍購入のご案内 | 特定商取引法に基づく表示 | プライバシーポリシー | お問合せ

Copyrights(C) KYODO BUNKASHA CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED
株式会社共同文化社
〒060-0033 北海道札幌市中央区北3条東5丁目
TEL 011-251-8078 FAX 011-232-8228